東京犬肉調査

2018年5月、世界愛犬連盟に参加したとき、私は新人96闘士にすぎませんでした。それからすぐに、聖犬は私に重要な任務を与えました。 日本の犬肉レストランの調査です。

日本のメディアが広く報道した西川口に犬肉店があるというニュースから始まりました。 私たちはそれを知ってショックを受けました。 日本は、特に犬や猫に関しては、先進的な動物愛護の国でした。 真実を明らかにするために、日本国籍を持つ玄陵は私を東京に派遣して現地調査を行いました。

私の最初のターゲットは池袋でした。 駅からレストランが立ち並ぶ通りを歩きました。 己の運を信じて隠しカメラのスイッチを入れ、行き当たりばったりで「楽楽や」という店に入りました。 驚いたことに、最初に目についたのは壁の「犬の肉」というタイトルの大きなメニューです。 私はウェイターに在庫があるかどうか尋ねました。 彼はためらうことなく「厨房には1トンある」と答えました。

私はスーパーマーケット、食料品店、冷凍肉店で証拠を探し続けました。 そして日本には100軒以上の犬肉レストランが存在するという結論に至りました。 過去15年間で453トンの犬肉が日本に輸入されました。 それは10万匹の犬が虐殺された肉の量に相当します。WDAは、日本の議員、国会図書館、環境省の職員、環境大臣にデータを提示しました。我々の調査結果は、日本の国会に大きな影響を与え、犬猫食用禁止の国際条約化のための基盤固めとなりました。

Gordon Mak

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります