犬猫の食用を禁止する国際条約

世界愛犬連盟(WDA)の創設者である玄陵(ゲンリン)の座右の銘は 「人間社
会を変え、犬や猫を救う」。 このビジョン達成のため立法戦略を推進しなら、
犬猫の食用禁止の国際条約制定を図る。 この条約は最強の武器になりうる。

2014 年 6 月 21 日 犬猫の食用を禁止にするために WDA は設立された。
玄陵は、特にアジア諸国における犬猫を食用にする不道徳な慣行を根絶する
唯一の手段は立法であると確信している。

2015 年 9 月 26 日 WDA による初の世界愛犬デー。 玄陵が制作したドキュ
メンタリー「Eating Happiness」は、アジア諸国における犬肉食用の蛮行を明らかにするために、世界中の都市で上映された。

2016 年 9 月 12 日 WDA が開始した英国議会への請願に応じて、イギリス議
会は外交的手段を通じて韓国政府に圧力をかけ、ソウル最大のモラン犬肉市
場を閉鎖。

#私は食べ物ではない

2017 年 4 月 11 日 WDA の世界キャンペーンは台湾で犬猫の食用消費禁止
の法制化に成功し、台湾はアジアの灯台となった。

2018 年 12 月 12 日 アメリカ議会は犬猫の食用を禁止する農業法案を可決。
これは、2015 年以来のアメリカにおける WDA の立法運動に対する歴史的に
重要な礎である。

アジアでは毎年 3000 万匹以上の犬が食用のために虐殺され、その 70%が盗
まれた犬です。徹底的な調査の後、WDA は犬の窃盗に対する刑罰化白書を
作成し、中国における犬猫の食用根絶と刑罰化を目指し、その白書を発表。

2019 年 3 月 6 日 中国の議員達は、犬猫の食用を禁止し、犬の盗難に対す
る刑罰化を盛り込んだ動物保護法を提起した。 WDA の立法運動は、人類の
伴侶動物のみならず飼い主の励みともなる。

2019 年 3 月 13 日 WDA の詳細な情報に基づいて、日本の国会議員が国会
で犬肉存在の問題を提起した。日本に 100 軒以上の犬肉店が存在する驚く
べき事実は世界に衝撃を与えた。 WDA の目標は、2020 年 7 月の東京オリ
ンピック開催前に、日本での犬猫の食用禁止の法制化。

2019 年 6 月 11 日 WDA とイタリアの議員は共同で、イタリアで犬猫の食用禁
止のを提起。イタリアは愛犬国であり、近々その法案が可決される見通し。

2019 年 7 月 10 日 イギリス議会は、今年末までに正式に立法化される見込
みの動物福祉法案に犬猫の食用禁止を含めることに合意。 長年にわたる
イギリスにおける WDA の取り組みが大きく前進。

2019 年 7 月 28 日 WDA は国際条約キャンペーンを宣言し、世界民衆に支
持されている請願運動を開始。犬猫の食用禁止は国際的なブームとなってい
る。 既にアメリカとイギリスの国会議員には、WDA の条約は支持されている。
アメリカにおける犬猫の食用禁止の功労者である前国会議員のジェフ・デナム氏は「アメリカは犬猫の食用禁止を支持し、世界中の犬猫の食
用禁止を態度で示す」と断言している。