イタリア

法制化への道のり

2016
イタリアの盲目のテノール歌手          アンドレア・ボチェッリ氏がWDAを支持

イタリアの盲目のテノール歌手アンドレア・ボチェッリ氏はWDAが求める犬猫食用禁止の明確な法制化に対する支持を表明しました。

2019
イタリアのミケーラ・ビットリア・ブランビラ議員と会談

イタリアのミケーラ議員はWDAの考えに賛同し活動の全面的な支持を表明しました。イタリアにおける犬肉禁止の法制化に乗り出した最初の議員です。

WDAとミケーラ議員は共同で犬猫肉禁止の法制化をローマの議会に要請

WDAとミケーラ議員は犬猫肉禁止の法制化をローマの議会に要請しました。イタリアの人々の支持を仰ぐために玄陵の訴えを放映する記者会見を開きました。違反者は禁錮2か月以上1年未満、50,000ユーロ以下の罰金。

玄陵が「国際愛犬家賞」を受賞

WDA創設者の玄陵はイタリア、ミラノで開かれた議会の記者会見に招かれました。動物福祉議員連盟(intergruppo parlamentare per i diritti degli animali)を代表してミケーラ・ブランビラ議員が出席し、犬猫食用禁止国際条約の支持を表明し、また、地球規模で犬猫の食用禁止活動を行っている玄陵に「世界愛犬家賞」が贈られました。

2020
イタリア最大手メディアのコリエーレ・デラ・セラのインタビューを受ける玄陵

「中国は犬猫肉を禁止に、起業家玄陵:動物の権利保護のマイルストーン」というタイトルでコリエーレ・デラ・セラがインタビューを掲載しました。

最新ニュース