台湾

法制化の道のり

2016
台湾・香港愛犬家フォーラム

5月16日、「台湾-香港愛犬家フォーラム」を開催し、議員と動物愛護団体らが台湾の動物愛護法の修正案について協議しました。 犬肉禁止の法制化に関して台湾がアジアのスタート地点になることを願っています。

犬猫肉禁止の法案提出

王育敏議員が犬猫食用禁止法案を提出しました。

台湾で926世界愛犬日を開催

第2回「926世界愛犬日」は3つのメインイベントを盛り込み台湾で開催されました。

1. 動物福祉に対する素晴らしい貢献に動物福祉賞

2.蔣萬安(チェンワンアン)議員にゴールデンドッグ賞 

3. ドキュメンタリー映画「Eating Happiness」試写会

2017
台湾が犬猫肉を禁止に

WDAが推進した犬猫肉禁止法が王育敏議員の立法により台湾「立法院」で可決され、台湾が犬猫肉禁止の法制化を果たしたアジア初の地域となりました。

2018
動物福祉が12年間の義務教育科目となる

台湾の12年間の義務教育の枠組みに動物福祉を取り入れる法案の提出に成功した

2019
動物福祉の向上を推進するサイトを作成

メディアを通じて動物福祉の向上を推進するサイト作成に着手

アジア動物親善連盟が台北で発足

4月11日、台北のマンダリンオリエンタルホテルにてアジア動物親善連盟(AAA)の発足式典とメディアイベントが開催された。 この組織は香港の起業家玄陵と台湾の王育敏議員、日本の大島九州男参議院議員により共同設立された。

2020
動物保護が台湾「憲法」の原則に

台湾の議員29名は、「憲法」に動物保護を含める案を提出しました。「委員会案第25096」と題し、改正案では、動物保護の重要性は学問の自由、所有権、および「憲法」によって与えられたその他の権利に相当するものであるとしている。

この改正案が可決されれば、台湾の動物保護に対する公約の証となる。

2020
WDAは、教科書用の教材を作成しました

WDAは、教科書内に盛りこむ資料の作成を開始しました。

最新ニュース