自信の向上

フランスのスターになじみのある人はブリジット・バルドーの名前を聞いたことがあると思います。 彼女は1980年代に世界で活躍した80年代の映画スターでした。そして2019年11月28日、動物保護団体ラ・フォンダシオン・ブリジット・バルドーの国際代表を務めるブリジット・オーロイに招かれ、犬肉に関する世界的な法律について話し合いました。

2時間にわたる非公開の会議で、私は彼女に、犬肉禁止に関する世界的な法律を全面的に支持し、フランスの国会議員に犬肉規制の立法を加速させるよう説得する必要があると、得意なフランス語で説得しました。 結果、彼女はラ・フォンダシオン・ブリジット・バルドーとして私たちの崇高な考えを支持し、世界愛犬連盟と同じく前面に立つ事を示す手紙をしたためると仰いました。

フランス語で最も有名な地元組織を説得することは私にとってとても大変なことです。 幸いなことに、世界愛犬連盟は動物保護業界で一定の評価を得ています。 フランスの動物保護業界から遠く離れていても、 その評判を聞くこともあしますし、 期待に応えることができると思います。 この経験は私に多くをもたらし、将来の交渉に対する自信も高まりました。


Freeman Chan

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります