滅多にない経験

2019年9月30日、保守党大会に招待されました。党大会がどのようなものかというと、直接議員に接触できる絶好の機会です。 保守党はイギリスの与党です。 私は議員に接触するのみならず、大臣、さらには首相にまで!

WDAが保守党動物福祉財団(CAWF)から招待され私がこのイベントに参加しました。 私が閣僚に対して、直接ロビー活動をし、イギリスで犬食を違法行為にするためのWDAのキャンペーンに対する支持を嘆願するチャンスです。 事前にロビー先リストを用意しました。 幸いにもテレサ・ヴィラーズ環境大臣とザック・ゴールドスミス環境国際開発大臣に会うことができました。 両者とも犬食禁止への支持を宣言しました。

その後、CAWFのイベントに参加し、犬食についてスピーチをしました。 ドミニク・ラーブ外務大臣、首相のガールフレンドのキャリー・シモンズさん、 首相のお父様のスタンリー・ジョンソンさん等と共にゲストスピーカーとしてリストに載っていました。

このような重要な政治的な場に参加し、イギリスの政治に影響力のある人々と会うことは、私の最大の名誉でした。 滅多にない、忘れられない経験です!

キケ・ユエン

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります