イタリア議会、「犬猫の食用禁止に関する国際条約」を支持、立案者の玄陵が国際愛犬賞を受賞

2019年6月11日、世界犬連盟はイタリア議会で犬猫の食用を明確に禁止する法案を提出。 違反者は2ヶ月以上1年以下の懲役と5万ユーロの罰金が科せられる。

2019年10月17日、世界愛犬連盟の創設者である玄陵がミラノ議会の記者会見に招待されました。ミシェル・ブラムビル議員は、動物の権利のための超党派議員連盟(intergruppo parlamentare per i diritti degli animali)を代表して、「犬猫の食用を禁止する国際条約」制定をイタリアは支持するとスピーチを行いました。彼女は、世界中で犬猫の食用を法律による禁止を推進する彼の努力を称え、玄陵に「国際愛犬賞」を直接手渡した。

イタリア最大手のメディア The Corriere della Seraのインタビューを受ける玄陵

2019年9月26日、世界愛犬連盟は、米国キャピトルヒルで「世界愛犬デー」を開催し、犬猫の食用を禁止する国際条約制定について正式に発表した。何十人もの議員が条約制定を支持するために署名。現在、世界愛犬連盟はイギリスと日本の支持を受け、世界100カ国以上に署名を求めている。今日、創設者の玄陵はイタリアで大きな進歩を遂げました。「犬猫の食用に反対する明確な法制化」という最終目標に向けて大きな飛躍を遂げた。

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります