振りかえってみて

2014年にWDAに加わって以来、数々の歴史的な瞬間に立ち合いそして、 感動を味わってきました。

私はこの組織の中で動物愛護活動家と密に連絡を取るメンバーの一人です。 数多くのシェルターを訪れ、家族のいない動物の保護を実際に見てきました。

2015年の冬の事です。私はWDAの代表として西安のシウワ・ワンさんのシェルターを 訪れました。

私がシェルターに着いた時にはすでに暗かったのですが、乾いてひび割れた 壁に囲まれて、何匹もの友が尻尾を振り、不安と悲しみに満ちた目で私を見ていました。

彼らと目が合った瞬間にWDAで働く意味をつくづく実感しました。 そして、玄陵の慈善活動には限界が無い事を理解しました。

長きに渡り、WDAは数多くのワンさんのようなシェルターを支援し、家族のいない 動物達の生活環境の効果的な改善を図ってきました。WDAの一員である事は私の誇り です。

劉媛媛 地域ディレクター

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります