世界一名誉ある仕事

私は2015年に創設したばかりの世界愛犬連盟(WDA)に加わり、世界で「犬肉の食用禁止の明確な法制化」を推進する「96戦士」の一員となりました。 この仕事に深く感謝し、また誇りに思っています。

私が手掛けている仕事は、必ずや世界人類文明革命の歴史に記されるでしょう。 創設者の玄陵は優れた野心と目標を持っています。 誰も想像できないことを行い、犬の肉を食べる権利を奪い、毎年残酷に虐待され食べられる3000万匹の犬を救うのです。 

当時、彼自身が犬肉業界に足を踏み入れ、アジアの犬肉の真実についてのドキュメンタリーを撮影しました。

このドキュメンタリーは、食用犬の背後に非常に非人道的な闇産業チェーンがあることを映し出しています。 毎年、アジアでは3,000万匹の犬が食べられ、その70%が盗まれたペットであり、犬達は食卓で提供される前に残酷に虐待され死にます。  最初の年の私の重要な任務は、この衝撃的な真実を世界に知らせることでした。 

私は幸運にも、世界愛犬連盟の代表として、このドキュメンタリーを上映するためにアメリカ、イギリス、カナダ、イタリア、台湾、その他多くの場所を訪問しました。 この映画は主要な指導者たちに真実を知らせてくれます。 犬肉の現状と立法の必要性、すなわち私たちは法制化への道を歩み始めたのです。

玄陵は若者を育てます。 私は27歳という若さで、世界の重要な都市を訪れることができ、国会議員や様々な国の地位の高い人々と接することができました。 私は前世で銀河系を救うほどの偉業を成し遂げていたのかもしれません。

彭韋茗 プランニングディレクター

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります