忠実な友を護る聖戦

動物に対する私の愛は、特に犬へは自然な本能みたいなものです。 生まれてから今までずっと犬を理解しようとしています。 私たちの社会では犬に慣れていない人は、犬は人が世話をして飼っていると思っています。 しかし犬には相手が人であれ、犬であれ仲間に対する際限のない無条件の愛があると私は感じています。 これらは人間の世界ではめったに無い事ではないでしょうか。

彼らの愛に応えるために、私は出版社で働くという立場を利用してきました。 私は動物福祉の向上を間近で追い、動物保護の概念を世の中に広めています。 私は動物福祉に関する台湾の世論の変化を見てきました。 「犬猫の食用禁止」が法制化されました。 殺処分が「殺処分ゼロ」にとって代わりました。

現在、私は世界愛犬連盟の一員です。 皆さんの力を集結し、台湾で起きている現象を世界に広めていきたいと思います。 私たちは普遍的な価値を創造します――動物と人間はみな母なる大地の子です。 私たちは命を尊重し動物を守ります。犬は人間の忠実な友です。犬食禁止から始めさせてください。

犬食禁止の法制化は、人間の質を昇証するための聖戦です。その一員であることを誇りに思います。

ロレイン 台湾代表

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります