トランプ氏が闘いに加わりました

トランプ氏が闘いに加わりました

 

犬猫肉の食用消費禁止にする12515項に署名し、法が執行されます。

トランプ氏はこの「聖なる犬防衛軍96」の一員です。

ドナルド・トランプ大統領は当初より世界愛犬連盟と共にホワイトハウスでこの調印式をとり行う予定でした。法が施行される瞬間に立ち会う事ができるのはこの上ない喜びです。しかしながら、前大統領のジョージ・ブッシュ氏が死去にともない予定は延期されました。

この法を一日でも早く行使するためにせめて署名だけでも先にしてくれないものかと世界愛犬連盟は願いました。

アメリカ議会では調印式の式典を予定しており、世界愛犬連盟も出席し、その歴史的瞬間の証人となるのです。

 

 

犬に希望の光

深く苦しんできた全ての犬達に、救いのてが差し伸べられたのです!

犬猫肉の食用消費を禁止にするアメリカの農業法案第12515にトランプ大統領が署名・調印しました。数えきれない程多くの犬や猫は喜びにあふれ、その知らせを分かち合っています。

苦痛からの真の解放には

まだたりないかもしれない。この先にはまだ多くの難問や障害があるけれど、空に雲があっても暗闇にはならない様に、光はいつも君に届く。勝利への扉は開かれたのです! 

大地は震え、海は波が荒立ち、母なる大自然が人間の心を取り戻すための闘いを告げているのです。

ソーシャルメディアで共有する

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on email
Share on print

関連記事

会話に加わります